toggle

不動産売却ってどうしたらいいのか 豊橋不動産が考える

2021-10-28

不動産の売却をしたい場合、まず考えられるのは「どこの不動産会社に依頼をするか?」ということだと思います。

不動産の売却は、確実に行いたいです。そのためにも、自身の所有する不動産に適した売却方法を行ってくれる不動産会社を選びたいです。

不動産売却を考えた時の不動産会社を選ぶ基準と注意事項を考えます。

御自分に合った不動産会社を選び、納得のできる売却を行いましょう。

目次

 2種類の売却方法

 仲介とは

 買取とは

 不動産会社の選び方

 不動産会社の選び方不動産会社の得意な事業を調べる

 ネット上の口コミや評判を確認

 不動産会社に行くときの注意事項

 不動産会社に行くタイミング

 過去に似たような不動産を取り扱った経験があるか会社の選び方

 売買希望時期を不動産会社に伝える

 まとめ

2種類の売却方法

不動産を売却するには、不動産会社による「仲介」か「買取」のいずれかの方法によって行います。売却する不動産の状態や売り手がどのような売り出し方をしたいのかによって、適した売却の方法が異なります。

仲介と買取には、それぞれに長所と短所があります。

自分の不動産の種類・売却する状況を把握して、不動産会社としっかり相談しながら決めていきたいです。

仲介とは

不動産における仲介とは、売買や賃貸借の際に売り手と買い手、あるいは貸し手と借り手との間に立ち、その契約を成立させることを指します。
ここでは不動産売買の場合を説明いたします。仲介では、売り手に対して主に以下の業務を担当します。

  • 不動産の査定、売買価格の決定
  • チラシやインターネットなどによる不動産の宣伝
  • 販売のプラン提案
  • 下見の調整や現地案内
  • 不動産の権利関係や規制などの法律、周辺地域に関する情報の調査
  • 契約書の作成
  • 売買契約の締結や決済、不動産の引き渡し

「仲介」と一口に言っても、様々な業務があります。

仲介による売却が適したパターン

仲介による売却は、主に以下の2つのパターンが適しています。

  • 急いでなく、高い価格で売却することを優先したい
  • 売却する不動産の希少価値が高く人気である

それでは1つずつ紹介します。

急いでなく、高い価格で売却することを優先したい

仲介による不動産の売却を依頼すると、不動産会社は売り手の不動産を少しでも高い価格で買ってくれる買い手を見つけることに努めます。

したがって、時間に余裕があり少しでも高い価格で売却することを重視したい方には、仲介による売却をおすすめします。売却を急いでいない売り手の不動産については、不動産会社にとっても時間に余裕がもてるのです。そのため、より綿密な売却活動が行いやすくなります。

売却する不動産の希少価値が高く人気である

希少価値が高く人気がある不動産は、多くの購入希望者を集められる見込みがあります。高い価格でも購入したいと思う高購入希望者が集まりやすい傾向があります。

買取とは

買取とは、不動産会社が売り手から直接不動産を買い取ることです。買い取った不動産は、不動産会社がリフォームや建て替えなどを施し、付加価値を付けて再販売がされます。

買取による売却が適したパターン

買取による売却は、主に次の3つのパターンが適します。

  • 早急に売却をしたい
  • 売却する不動産の反響がなく売れにくい
  • 周囲に売却のことを知られたくない

パターンごとに内容を見ていきましょう。

早急に売却をしたい

買取による売却の場合、不動産を購入するのは不動産会社自身であるため、「仲介」という工程がありません。つまり、買い手を見つける作業がなく、不動産会社が不動産を買い取れば売却は完了します。

売却する不動産の反響がなく売れにくい

買取による売却であれば、反響がなく売れにくい不動産でも条件次第で買い取ってくれます。

仲介による売却の場合、反響がない不動産には買い手が集まりにくく、売却するまでに時間がかかりやすいのです。

周囲に売却のことを知られたくない

不動産会社が買い手となるので、買取には買い手を集めるための「宣伝」という工程がありません。したがって、売却する不動産をチラシやインターネットで宣伝して買い手を集めることで、周囲に知られる機会は生じないのです。

不動産会社の選び方

不動産会社の種類を踏まえた上で、数ある不動産会社の中から売却を円滑に進めてくれる会社を選ぶ必要があります。

現在はインターネットで不動産会社を調べることが増えてきています。しかし、不動産会社のホームページを見ても、どの箇所に焦点を当てて会社の良し悪しを判断すればよいかが分かりづらいと思います。

ここでは、不動産会社を見極める基準を、以下に紹介していきます。

宅地建物取引業の免許があるか

国土交通省が定める宅地建物取引業とは、以下の行為を業として行うものを指しています。

  • 宅地または建物の売買
  • 宅地または建物の交換
  • 宅地または建物の売買、交換または賃借の代理
  • 宅地または建物の売買、交換または賃借の媒介

宅地建物取引業を行うには、「宅地建物取引業法」という法律に基づき、国土交通大臣または都道府県知事の免許が必須です。物件の仲介業であれば、宅地建物取引業法に基づく免許が必要です。つまり、仲介・買取業務を行う不動産会社は、免許がなければ違法となります。

不動産会社が宅地建物取引業法に基づく免許を持っているかの確認をするには、不動産会社のホームページを見ます。会社概要ページに以下のように記載があるかを確認しましょう。

(例)国土交通大臣(1)第1234号
  東京都知事(3)第5678号

※上記の番号はあくまで例です。実際に存在する不動産会社の免許番号ではありません。

大臣許可と都道府県知事の違いは、主に営業範囲です。

2つ以上の都道府県を営業範囲としている不動産会社には大臣の許可が、1つの都道府県を営業範囲としている不動産会社には都道府県知事の許可が与えられます。

上記の例の、「国土交通大臣(1)第1234号」の(1)とは、免許の更新回数を表します。免許は5年の期限があり、初めて免許を交付されれば(1)と免許上に表示にされるのです。したがって、(2)の表示であれば、初めての免許交付から5年は経過していて1回更新しているということになります。

免許の更新回数が多いほど、宅地建物取引業を長く行っている不動産会社であることがわかります。事業年数が長いというだけで、優れた不動産会社かを判断するのは得策ではありません。

しかし、事業年数が長い不動産会社の方が事業についてのキャリアは長く、事業のスキルも事業年数が少ない会社より高い可能性があることは、不動産会社を選ぶ際の基準のなかに入れてもよいでしょう。

不動産会社の得意な事業を調べる

不動産会社にも事業の得意・不得意分野があります。賃貸物件の取り扱いが得意な不動産会社、売買業務が得意な不動産会社、開発業務が得意な不動産会社など、得意分野は様々です。

不動産会社の得意な事業を特定する1つの指標として、まず不動産会社のホームページを見てみましょう。もし、不動産会社のトップページの冒頭に仲介についての記載があれば、売買事業をメインとして行っていると考えられます。得意ではない事業をトップページの冒頭に載せる不動産会社はいないはずです。

賃貸物件をメインとして事業を行う会社に一戸建ての売却を依頼しても、購入希望者をすぐに見つけてくれたり、積極的に買い取ったりしてくれるとはあまり考えられません。

その不動産会社がどのような事業に力を入れているのかを知ることも大切です。

ネット上の口コミや評判を確認

ネット上の口コミや評判は、信ぴょう性のないものもあります。しかし、親切に対応してきた不動産会社に対して、わざわざ悪い口コミを載せたりはしないはずです。どの人にも素晴らしい対応をしている会社には、会社を褒める口コミや評価があると考えられます。

もちろん全ての口コミや評判を鵜呑みにすることは賢明ではありません。ネットの口コミや評判は、あくまで参考程度にしましょう。

不動産会社に行くときの注意事項

実際に不動産会社に行くときにも注意するべきことがあります。

スムーズに、そして確実な売却を行うためには、以下のことに気をつけましょう。

  • 不動産会社に行くタイミングは?
  • 過去に似たような不動産を取り扱った経験があるか
  • 担当者との相性を確認する

売却希望時期を不動産会社に伝える以下で確認していきましょう。

不動産会社に行くタイミング

昨今のご時勢を考えて、不動産会社に行く前には、あらかじめ不動産会社に電話をしてアポイントをとるようにしましょう。電話をする際、不動産会社に行く日にちと時間帯・売却予定の不動産の情報などを事前に可能のものは用意されているといいと思います。不動産の内容にもよりますが、不動産会社はアポイントの時間帯までに売却予定の不動産に関する情報や査定の準備などをしておいてくれます。

来店する時間帯や売却予定の不動産の情報などを事前に不動産会社に伝えることで、不動産会社への相談の時間をスムーズに過ごすことができますね。

売却希望時期を不動産会社に伝える

不動産会社の担当者には、売却を希望するおおよその時期を必ず伝えましょう。

「いつかは売却する」といった売却の時期が不明な人は、どうしても後回しになってしまいます。売却する時期が明確なお客さんの方が、不動産会社にとっても目標を明確に定めることができ、売却活動をしやすいのです。

売却する時期が決まっていないなら、少しでも高い価格で売却できるように不動産会社に依頼する方が賢明といえます。

担当者の相性を確認する

担当者の雰囲気や話をして人となりを見るいいと思います。

大事な不動産を託す担当者ですから、気の合う方を見つけてください。

まとめ

ここで紹介したように、どの不動産会社にも得意・不得意の分野があります。所有する不動産の売却をどのように進めていきたいか?を考えつつ、適切な不動産会社を選択することが、売れるポイントになるでしょう。

担当者に実績を尋ねてみたり、Webサイトを見て傾向を調べてみたりして、自分が売りたい不動産の売却を得意とする不動産会社を選択されることを願っています。

不動産の売却はぜひ アローエステートにご相談ください。お待ちしております。

HPはこちら